「教師ひとり、生徒ひとり。~田舎の学校で毎日えっち~」を読みました。

教師と生徒の純愛もので、セックスを通して二人が絆を深めていく心温まるかつしっかりとヌケる作品です。
ちゃんとシコれるシーンもあって、完成度の高い同人誌でした。

そんな本作の魅力を、今回は紹介していきたいと思います。

あらすじ

都会での教師生活に疲れ果てていた頃、故郷の母校の教師がいなくなってしまうと聞き「俺」は転勤を決めました。
母校へと赴任し、たった一人の教師として「俺」が受け持ったのは、同じくこの学校唯一の生徒・八千代。
彼女は村に住む唯一の子供で、近所の大人たちの愛情を受け天真爛漫に育ちました。

そんな彼女に惹かれた「俺」と八千代はひょんなきっかけからHをしてしまいーーそれから毎日、いろんな場所でいろんな体位でセックス。
未成熟な体に精液を注ぎ込み、愛を確かめあう日々を送るーーという話です。

レビュー

教師ひとり、生徒ひとり。〜田舎の学校で毎日えっち〜サンプル画像01
あらすじの通り、天使のような性格のロリな女生徒が先生とセックスして愛を深める純愛ものです。
純愛ものと言えば、セックス面でちょっと物足りないことがありますが、本作はHもガッツリで物語としても実用としても楽しめました。

ヒロインの八千代は田舎で育ったため、本当に素直な子です。
先生はそんな八千代の純朴さに癒され、どんどん惹かれていきます。
それと比例するように、二人の関係は深まります。

やがて八千代と二人で登下校するようになり、朝は八千代が家まで先生を起こしにくるようになりました。
スキンシップも増え、先生は興奮してしまい朝勃ちが抑えられなくなります。
うっかり息子を八千代のあそこに押し付けてしまい、気まずくなる二人。

教師ひとり、生徒ひとり。〜田舎の学校で毎日えっち〜サンプル画像02
生徒に対してセクハラ行為を働いてしまったことに自己嫌悪する先生は、誤解を解くべく保健体育の授業を行います。
それはちょっと逆効果じゃないか、とこのシーンには笑ってしまいました。
ある程度の性知識を持っていた女生徒は、この授業に顔を赤くしてしまいます。

そして、先生からセックスについて知っているかと聞かれ「男の人って好きな人と抱き合っとると、お、おちんちんおっきくなるってゆうとってね」と顔を赤くしました。
その顔を見て、両思いであることを悟った先生は、嬉しさのあまり理論から実技へと授業内容を変更。
思い余って教え子とセックスをしてしまいます。

バックから八千代を攻め立てる先生。
小さなおまんこに息子がずっぽりと刺さっている描写は背徳感があって痺れます。
先生はそのまま、八千代の子宮へ中出しし、大量の精子を注ぎ込みました。

教師ひとり、生徒ひとり。〜田舎の学校で毎日えっち〜サンプル画像03
激しくしてしまったことを謝る先生。
そんな彼を八千代は受け入れ、結果的に二人は愛を深めることができました。
そして、その日から先生の家で朝からセックスをしたり、授業中におまんこを指でいじったり、ちんこを生徒に舐めさせたりとあらゆる場所で行為に及ぶように。

後背位はもちろん、騎乗位や測位、ときにはスク水など毎日彼らは交わります。
最後はマイクロビキニを八千代に着せ、校長が校内にいる教室で激しくセックス。
間一髪、校長にバレずにすみました。

ハードなセックスこそありませんが、先生と八千代、二人の愛情が伝わるハートフルな作品です。
かといってエロさがあまりないわけでもなく、むしろ半分ちょっとがエロシーンと充実。
加えて描写がエロく、濃厚なのでヌキもばっちりです。

なにより、純粋な女の子がえっちになっていくシーンは胸熱ですね。

抜けたシーン

特に抜けたシーンは、校長先生に内緒の生ハメセックスですね!
先生と八千代の初めてのシーンからも良いのですが、そこで高められた興奮が最後のセックスシーンをより良いものにしてくれました。
校長先生にバレちゃうかも、と八千代が恥ずかしがるところがいいですね。

しかも、先生がバックから八千代を激しく攻め立てるので、そこもまたグッときます。
作品の中で個人的に一番抜けました。

まとめ

「教師ひとり、生徒ひとり」はセックスを通して二人が愛を深めていくところが見どころでした。
ヌキシーンの見どころは校長が校内にいる日に、内緒でマイクロビキニを着せた生徒とセックスをするところですね。
見つかってしまうのではないかという緊張感と、学校の教室でマイクロビキニを生徒に着せているという背徳感のミックスがたまらないです。

最後の1ページも、清涼感があって読後感もスッキリとしたものでした。
教師と生徒の秘密の恋が、今後どうなっていくのか。
想像をかき立てられる終わり方です。

先生と生徒の純愛モノが好きな方、ロリ系が好きな方はぜひ手にとってほしい一冊といえます。

総合評価

教師ひとり、生徒ひとり。〜田舎の学校で毎日えっち〜

タイトル 教師ひとり、生徒ひとり。〜田舎の学校で毎日えっち〜
おすすめ度
商品発売日 2021年3月13日
値段 770円
サークル名 Asunaro Neat.
作家名 ろんな
元ネタ オリジナル
シリーズ名
ジャンル ロリ スクール水着 学校/学園 純愛
黒髪 教師/生徒 口内射精 処女
男性向け 後背位
ページ数 40P