『もう分からない!この男を信じていいの!?気持ちよすぎて何も考えられない…!』

早いもので『真退魔士カグヤ』シリーズも6話目!
前回、人質として捕らえられた人々を救うために、闘技場にて妖魔たちと激戦を繰り広げるものの敗北して見世物のように犯された主人公『カグヤ』のその後が描かれますっ♡

牢屋に捕らえられた『カグヤ』は、ある男の口車に乗せられて、そのまま絶頂を寸止めさせられる羽目になってしまって……!
終わらない快楽地獄に彼女は耐え切ることが出来るのかっ!?

ということで、

『真退魔士カグヤ6』

こちらの解説をしていきますっ!


あらすじ

闘技場にて、妖魔たちと戦うこと余儀なくされた『カグヤ』
彼女が負けを認めれば捕らわれた人質たちの命はない、そんな状況だったのだが、妖魔たちに敗北して犯されてしまった。
しかし、人質のために負けを認めず、凌辱に耐え抜いた。

そんな中で失神してしまった『カグヤ』は、目を覚ませば牢屋に捕らわれていた。
そこに現れたのは、人間でありながら妖魔たちとの繋がりを持ち私服を肥やす悪徳社長の虎道。
怪しげな男なのだが、そんな彼から1週間後に闘技場にて再戦が行われる、ということが聞かされる。

ここで妖魔たちに勝利すれば、人質たちは解放される。
しかし今のままでは勝てない、という状態の中で虎道は一つの案を『カグヤ』に提示する。

虎道曰く、『カグヤ』の身体は絶頂を寸止めされればされるほど、退魔士の力の源である霊力が増加すると言うのだ。

そして、その現象は『カグヤ』本人にとっても思い当たる節があった。
だからこそ『カグヤ』は、妖魔を倒すため、そして人質を救うため、虎道からの淫らな行為を受け入れることになるのだが……。

真退魔士カグヤ6 サンプル画像01
真退魔士カグヤ6 サンプル画像02

レビュー

ということで、紹介していきます『退魔士カグヤ6』なのですが、前作から直接繋がっているお話となっております。

闘技場で妖魔たちに陵辱されて見世物にされて、しかし負けを認めないまま失神……目覚めたら牢屋の中、という場面から始まります。

そんな序盤から『カグヤ』の牢屋に現れたのは『退魔士カグヤ』シリーズの中でも屈指の人気悪役である、悪徳社長の虎道っ!
前々作『真退魔士カグヤ4』の最後に載っていた後書きにも「意外に人気のようですね」とのコメントがあり『クリムゾン』先生も虎道人気は認知しているようです(笑)

さて、そんな虎道ですが、今回は『カグヤ』の味方だと自称して彼女へと近づきます。
しかし『カグヤ』が闘技場に連れてこられたのも、妖魔と戦わさせられたのも虎道が仕組んだこと。

全ての元凶であるにも関わらず、この立ち振る舞い……。
まさに狡猾な悪役と称するに相応わしい人物です。

そんな虎道が『カグヤ』に対して、とある提案をします。
それは彼女の『絶頂を寸止めされればされるほど霊力が増加する』という体質を利用して妖魔たちを倒すというものでした。

真退魔士カグヤ6 サンプル画像03

虎道に触れられて拒絶しようとする『カグヤ』ですが、提案を聞かされて、更に一週間なにもせずに過ごすよりもマシだという旨の発言を虎道より聞かされて、その作戦に乗ること決意します。

真退魔士カグヤ6 サンプル画像04

しかし、もちろん虎道の目的は『カグヤ』とセックスすること♡

助ける気なんて毛頭ありませんっ!

ということで『カグヤ』への愛撫をねっとりと開始します♡

作戦は一週間の間、ずっと絶頂を寸止めし続けて霊力を極限まで高めて妖魔たちを一網打尽する、というものでした。
しかし、執拗に乳首を弄られて即軽く絶頂してしまう敏感な『カグヤ』

真退魔士カグヤ6 サンプル画像05

その後も虎道の乳首責めは続き、絶頂の直前で我慢しなければならないのにイってしまう状況が繰り返されます。

イってはダメなのに、我慢しなければならないのに、絶頂してしまう……。

そんな羞恥に塗れた『カグヤ』を堪能していれば、虎道の愛撫は更にエスカレートしていきます。

筆で乳首を弄り、クンニをして舌で『カグヤ』のマンコを堪能したり……。
必死の思いで数時間もの間、絶頂を耐えていきましたが、そんな『カグヤ』を嘲笑うかのように虎道が肉棒を取り出して、そのままセックスを開始してしまいますっ♡

真退魔士カグヤ6 サンプル画像06

『もう分からない!この男を信じていいの!?気持ちよすぎて何も考えられない…!』

真退魔士カグヤ6 サンプル画像08

ただでさえ調教されて敏感になっている身体、そこに数時間も寸止めを食らった上でのセックスは相当な快感だったようで……。
絶頂を我慢していたにも関わらず、イキまくりでアヘりまくりで何も考えられない状態にっ!

真退魔士カグヤ6 サンプル画像07

明日からまた絶頂寸止めを頑張れば良いなんて甘い言葉を虎道にかけられて、イキまくってしまう『カグヤ』はメチャクチャ抜けますねっ♡

ということで、今回も相手の思惑にハマってされるがままの『カグヤ』でした!
こんな調子で寸止め作戦は成功するのか、そして人質を救えるのか……!

気になるところで、次回に続きますっ♪

まとめ

ということで『真退魔士カグヤ6』をご紹介いたしました。
いかがだったでしょうか?

今回はカッコ良いシーンはナシ、悪徳社長の虎道に犯され続ける一作でしたねっ!
でも、そんな『カグヤ』を堪能すること出来て最高でした……♡
次回の第7話も非常に気になる所ですっ!

またレビューを書いていきますので、読んで頂けると幸いです。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございましたっ!

総合評価

真退魔士カグヤ6

タイトル 真退魔士カグヤ6
おすすめ度
商品発売日 2021/3/23
値段 1430円
サークル名 クリムゾン
元ネタ オリジナル
シリーズ 真退魔士カグヤ
ジャンル 拘束 淫乱 レズ
巨乳 水着 中出し
フェラチオ 乳首責め 輪姦
ページ数 59