皆さんこんにちは!
エロメン大好き女子のmariです。
皆さんはお酒を飲んだ深夜にテンションが爆上げしちゃった、なんて経験ありませんか?

mari-ase2

mari

私mariは、ベロベロに酔っぱらった挙句に大失態を犯したことがあります…

というわけで(笑)、本日ご紹介する作品はその名も『midnight high』
社員旅行という非日常的な舞台で繰り広げられる五人の男女の一夜の情事。
こんなに大胆になってしまうのは、深夜だから?
それともお酒のせい?
ドキドキ刺激的な展開に目が離せません!!
そんな今回のお話、まずはあらすじと見所をご紹介♪

あらすじ&見所

好業績の営業一課と二課の合同社員旅行。
普段とは違う同僚の姿や話題に盛り上がる一行。
想いを寄せた相手との進展を狙う者や、恋を諦めかけた者など個性豊かな面々が揃うなか、飲み会では深夜のテンションが助長して刺激的な展開が…!?

先に言ってしまうとこの作品、3Pがあるんです!
それがもうめちゃくちゃエロい!

mari-kira1

mari

mariは終始テンション上げ上げで見入ってしまいました。
また、キャストもエロメンが勢揃いしているんです。


〈営業一課〉
加藤剛・・・西島伊吹
手嶋保奈美(課長)・・・通野未帆

〈営業二課〉
田中元・・・向理来
真壁美咲・・・志田雪奈
木崎雄哉(課長)・・・上原千明

mari-kira3

mari

個人的に大好きなお顔のエロメン三人が出演とは、私得すぎる!!

ラブシーンも濃厚でたっぷりと堪能できてしまいます♡
とはいえ物語全体はポップでコメディ要素も満載!
最後まで飽きずに観ることができます。
それではストーリーを詳しくご紹介していきます♪

ある旅館での夜のこと。
株式会社シルクラボエムの営業一課と二課のメンバーは、好業績を祝した社員旅行に来ていました。
夕食を終え、男性陣の泊まる「絹の間」にて合同の飲み会を開催。

合同の飲み会での乾杯
二課の課長、木崎を筆頭に一同は久々の顔ぶれに大盛り上がり。
同じく二課の真壁や田中が楽しそうにしている横で、一人だけ浮かない顔をしているのは一課の加藤。
彼は一人だけ飲みに参加していない上司の手嶋が好きでした。
酔った勢いで周りにそれを打ち明けた加藤は、手嶋と同期の木崎に焚きつけられ、とうとう部屋を出されてしまいます。

手嶋と真壁の部屋、「繭の間」の前で待つ加藤。
そこへ入浴を終えた手嶋が戻ってきます。
驚く手嶋を、加藤はラムネを手に思い切って「飲み」に誘います。
二人は旅館の縁側でのんびりと話をすることに。

思いを伝える加藤
緩やかでいい感じの雰囲気が流れ、思い切って自分の思いを伝える加藤。
しかし、手嶋はそんな彼を優しく拒絶します。
この旅行に懸けていた加藤は何度も好意を伝えますが、手嶋の気持ちは変わりません。
そして手嶋は真壁に言伝をすると言い、その場を後にしてしまいます。

一方の絹の間では、酔っぱらった他の社員が離脱していき、木崎・真壁・田中の三人で飲んでいました。
一同の話のネタはだんだんディープな話題へ。
木崎の「恋と性欲は必ずしも一致しない」発言に同調する真壁とは対照的に、上手く話題に乗れない田中。
お酒を飲む手がどんどん早くなり、とうとうお酒は尽きてしまいました。
そして田中がお酒を買いに離脱します。
部屋には木崎と真壁だけが残ることに。
「性欲を持て余している」という真壁に、木崎は少しずつ距離を縮めていきます。
何となく良いムードが漂う二人。
木崎は悪戯っぽく「田中が帰ってくるまで遊ぼう?」と真壁を誘います。
ノリノリで応じる真壁の手にそっと触れる木崎。

キスする木崎と真壁を覗く田中
ゆっくり優しく触れながら、徐々にその手は浴衣の袖の中に入っていきます。
それに興奮した真壁はたまらず木崎にキス。
一気に盛り上がった二人はそのまま深く濃密なキスを交わします。
と、そこに手嶋と加藤が戻ってきました。
少し扉を開けたところでキス現場を目撃してしまう二人。
絹の間に荷物がある加藤は部屋に入れず、手嶋はとりあえず二人で繭の間に避難することにしてその場を離れます。

加藤と手嶋に見られていたとは気が付かない木崎と真壁。
二人の気分は最高に盛り上がり、キスが激しさを増していると、お酒を手に田中が戻ってきました。

お酒を持って戻ってきた田中
「何してるんですか…」と唖然とする田中に木崎は大慌て。
一方の真壁は田中に見られたことにも動じずに、新しく買ってきたお酒を開けると、いきなり田中に口移しで飲ませます。
驚く田中に「酔うとキス魔になるらしい」と言う木崎。
真壁はそのまま田中と共に布団に倒れ込み、田中が勃起していることに気がつきます。
木崎はそんな様子を見て、「真壁を二人で気持ち良くさせてあげよう」と提案します。
始めは渋る田中でしたが、真壁にキスをされると理性が効かなくなってしまったのか、自らも唇を重ねて…

利害が一致した三人の、ドキドキ秘密の3P

木崎(上原千明)
真壁(志田雪奈)
田中(向理来)

いよいよこの作品の見所の一つ、3Pが楽しめるラブシーン!
始めは田中と木崎それぞれとキスを楽しむ真壁でしたが、だんだん交互にキスを繰り返しながら浴衣を少しずつ脱がされていきます。
木崎に上半身を撫で回されながら、田中に下半身を見られる真壁。
もちろんそんな状態で濡れないわけはなく…
十分に湿ったあそこを二人にまじまじと見られる様子はこちらもドキドキしてしまいます!
耳元を木崎に攻められ、田中にディープキスされる様子はまさに眼福!!

mari-hanaji3

mari

美女が美男二人に囲まれる様子が拝めるとは!!ありがたや…

3Pの特権!!両胸を同時に攻められる♡

ここからのシーンは特におすすめ!!
二人に目一杯キスをされながら、そっとブラを外される真壁。
田中が左の乳首をぺろっと舐める度気持ち良さそうに声を出します。
その様子を見ながら「気持ち良さそうじゃん」と言ってキスをする木崎。
そしてそのまま右の胸に顔を近づけ、「これ両方攻めたらどうなるんだろうね」と意地悪そうに言います。
そしてそのまま右の乳首も口に含んで愛撫します。

木崎と田中に胸を舐められる真壁
二人に同時に攻められて、快感に顔を歪める真壁。
このシーンは、もちろん二人に同時に攻められている視覚的なエロさも満点なのですが、木崎のちょっと意地悪な言葉攻めもとってもドキドキするんです!!
「同僚二人に舐められちゃってんの?」なんてあんなカッコいいお顔で言われたら…
腰が砕けてしまいます!!(笑)
一気に興奮が加速するシーンでした♪

胸を愛撫しながらも、だんだんと下に下がっていく木崎。
ゆっくりとパンツを脱がしてあそこが露わになります。
「やめてください」と恥ずかしそうにする真壁をよそに、二人はそんな真壁のあそこをまじまじと見つめ、木崎は「真壁はどこが気持ちいいのかな?」と意地悪な顔。
わざと濡れるあそこを糸引かせて、真壁に「見て」と言う木崎はSそのもの。
そのまま顔を埋めてクンニをします。
一方田中は真壁に眼鏡を外されて、少し照れ臭そうにしながらもキスを重ねて自分の性欲を必死にぶつけます。
だんだん田中の声も漏れてきて、熱は一気に上がってきます。
真壁はそんな田中のパンツにそっと手を伸ばし、ゆっくりと田中のモノを刺激します。

田中をフェラしながら木崎にクンニされる真壁
そして田中のパンツを脱がせてあげて、大きくそそり立ったそれを四つん這いになって口に含みます。
その真壁を後ろからクンニする木崎。
この部分、画がめちゃくちゃエロいです。
快感に身をよじる田中に一生懸命フェラしながらもクンニされちゃう真壁。
そしてそんな真壁に「田中の舐めて興奮してるんだ」と言葉攻めする木崎。
木崎の言葉攻めはガツガツしてなくて、ちょっと優しくて意地悪な感じが個人的にドストライクです♡
そして、田中は気持ち良さのあまり真壁の口の中で果ててしまいます。
木崎にばっちりとイキ顔を見られてしまった田中は恥ずかしそうにします。

mari-kyun1

mari

田中よ、可愛すぎるわ…

そして、そんな真壁を後ろから「田中をいじめたのはこの口か!」なんてちょっかいをかけながらキスする木崎。
そのまま激しくキスしながら耳や胸を愛撫します。
先程までの余裕な感じではなく、木崎もだいぶ興奮してきた様子。
真壁を寝かせ再びクンニをします。

田中に乳首舐められながら木崎にクンニされる真壁
田中もすっかり回復して、スパイダーキスから乳首を指で刺激。
二人から執拗に攻め続けられ、真壁も喘ぎ声がだんだん大きく激しくなってきます。
そしてそのまま絶頂します。
真壁は起き上がると「次は私が舐めたい」と言い、今度は木崎のモノを咥えます。
田中とは違い、気持ち良さそうながらも余裕のある木崎。
真壁は一度イッたことで体が敏感になって、後ろからの田中の愛撫に体を震わせます。
愛おしそうに真壁の頭や髪の毛を撫でる木崎。
だんだん苦しそうな表情になってきて「やばい!」とイク手前までいきます。
「もう挿れたい。いい?」とキスしながら真壁に尋ね、ゴムをつけてゆっくりと中へ入っていきます。

前後からの攻めに頭がおかしくなっちゃう♡

挿入シーンで私が特におすすめなのは最初のこの場面!

田中にもたれかかって、木崎に挿入される真壁
田中にもたれかかりながら、木崎にゆっくりと座位で挿入されるシーンはイケメンサンドイッチ状態(笑)
熱っぽく木崎にキスされながらも、後ろから田中の体温を感じて胸を愛撫される!
もう堪りません!!

mari-kyun3

mari

木崎の「こっち見て」からのキスはキュンキュンしてしまいました。

木崎が何度も愛おしそうに頬に手を添えるところや、頭を撫でてくれるところはそれまでの言葉攻めとのギャップで余計にドキッとしてしまいます。
田中も後ろからキスをしたり、胸を揉み揉み♡
二人から代わる代わる攻められ続ける姿にmariは画面に釘付け状態です。
最後は「イクとこはちゃんと見せて」と言われて、私の心まで木崎に持っていかれてしまいました(笑)

真壁をそのまま倒して木崎が正常位で突きます。
田中は横から耳や胸を愛撫。
木崎の腰を振るスピードも加速し、真壁ももう快感にフラフラ状態。
そのまま側位で突くと、田中に足を広げられ、結合部分が丸見えに!!

木崎に側位で突かれながら、田中にクンニされる真壁
真壁が恥ずかしがっていると、田中はノリでそのままあそこに顔を埋め、突かれている状態でクンニします。
木崎と真壁は笑いながらも、外と中の同時攻めに真壁は「気持ち良い!」と声を荒げます。
3Pだからこその攻め方、めちゃくちゃエロいです。
真壁の感じまくっている姿にmariも興奮MAX!
田中にクリトリスを指でいじられながら、真壁は二度目の絶頂をします。

キスとピストンの応酬!!二人のお相手で大満足な寝バック♡

そして、今度は体位変換で寝バックの挿入なのですが、ここもmariおすすめのシーンです。
寝バックという攻められてる感満載の体位でしっかり突かれながらも、優しいキスをされるところは見ていてムラキュンしてしまいます!
木崎と田中どちらも堪能できるおすすめシーンですよ♪

木崎にバックで突かれながら、田中にキスされる真壁
木崎にお尻を押さえられ、挿入部をしっかり見られながら奥までしっかり突き刺される真壁。
ピストンの度に快感が真壁を襲い、正面からは田中に優しくキスされます。
先ほどよりも締まりの良くなったあそこに、木崎は我慢が出来ずそのまま中でフィニッシュをします。
イったあともしばらく繋がったままキスを重ねますが、真壁は今度は田中の股間に手をあてがい、今度は田中の相手をします。
同じく寝バックで挿入。
木崎は必死に喘ぐ真壁に何度もキスをして、そのイキ顔を愛おしそうに眺めます。

mari-ase2

mari

こんなふうに見つめられたらドキドキしてエッチどころじゃなくなっちゃいます。

そして極め付けは、お酒の口移し♡
缶ビールを飲む木崎に「喉が渇いた」という真壁。
木崎は一口含んでそれを真壁にキスしながら飲ませます。
「美味しい?」「気持ち良い?」と質問しながら真壁の反応を伺う様子はやっぱりドSで、甘くて意地悪な木崎にキュンキュンしてしまいます!

田中にバック&キスされながら木崎におっぱい責められる真壁
さらに状態を起こしていわゆるロールスロイスの体勢でガンガン突かれる真壁。
木崎からも前からクリトリスを触られてガクガク。
ロールスロイスって、腕を掴まれちゃうから前が無防備になりますよね。
そこを好き放題木崎に攻められちゃうところが最高にいやらしくてドキドキです!
田中もそろそろ我慢が出来なくなり、最後は正常位でフィニッシュ。

先輩とセックスをしたことで「もう怖いものはない」なんて言いながらキスをする田中。
それに触発されて木崎もキスをして、二人からキスをされる真壁(笑)
「私で遊ばないでください!」と言いながらも二人から同時にキスや胸の愛撫を繰り返され、しっかり遊ばれちゃうのでした。

mari-guts1

mari

3Pで濃厚でありながらも終始コメディタッチなラブシーンは、めちゃくちゃ見やすいし引き込まれること間違いなし!!

想いが通じ合った二人の純情セックス

加藤剛(西島伊吹)
手嶋保奈美(通野未帆)

絹の間で超濃密なプレイが繰り広げられていたとは露知らず、手嶋と加藤は真壁の帰りを待っていました。
「不謹慎だけど、二人(木崎と真壁)には感謝してる。二人のおかげで手嶋さんと一緒にいれる」と言う加藤。
「今こうしていられるのが幸せ」と可愛い笑顔で言います。

mari-kyun3

mari

あかん、おばちゃんこういうの弱いんやって!!←何故か保護者目線
加藤のキャラが可愛すぎてキュン死にしてしまいます…

この社員旅行に全てをかけていた加藤は、手嶋にもう一度「好き」と伝えます。
「私のどこが好きなの」と言う手嶋に、即答で「全部」と返し「準備はできている」と加藤は伝えます。
手嶋は下を向きながら、小さな声で「うん」と呟きます。
そして、「こんな私で良ければ」と言うのです。

ハニカム加藤と手嶋
今まで素直になれなかった手嶋が、自分の気持ちに正直になれたのでした。
加藤はとても嬉しそうにし、もっと近くにいたいと言います。
二人は傍に寄り添って加藤はそっと手嶋の手を握りました。

mari-ase3

mari

先程までの3Pとは打って変わってこの純愛!
まるで学生の淡い恋のような二人の反応にキュンキュンが止まりません!!

お互いにあくびをして笑い合う二人。
夜も更けたので寝ることにしました。
真壁が帰ってくるかもしれないと言って、彼女の布団は使わずに加藤はロビーで寝ると言い出します。
手嶋はそれはダメだと言い、加藤は床でそのまま寝ることに。
手嶋は布団で一人寝たものの、やはり加藤のことが気になり「一緒に寝よう」と声をかけます。
加藤は好きな人の傍で手を出さずに眠れるわけはないと言うのですが、タイミング良くくしゃみが出て、手嶋に手を引かれながら布団に入ります。
「おやすみ」と言い合ったもののなかなか寝付けない二人。
加藤は目を見開いて「眠気が吹き飛んだ」と言います。
そして、手嶋の顔をじっと見つめながらハグを要求します。
手嶋は「ハグだけなら…」と加藤の胸に顔を埋めるようにして二人は抱き合います。
そして、加藤は手嶋に許可を取ってキスをします。
恥ずかしそうに見つめ合いながらも、加藤は積極的に手嶋にキスをします。
「真壁が戻ってくるんじゃ」と言う手嶋に「あれだけ盛り上がってるんだから、多分帰ってこない」とちょっと意地悪そうな顔をしながら再びキスをします。

キスする手嶋と加藤
何度も熱い口づけをしながら、じゃれ合うように言葉を交わす二人。
ゆっくり落ち着いたキスを繰り返しながら、加藤の手は手嶋の胸を優しく触ります。
そして浴衣の紐を解き、胸元をそっとはだけさせます。
ブラが露わになった胸元にそっとキスを落としていきながら、嬉しそうに顔を埋めます。
そしてそっとブラをずらして乳首を舐めます。
優しくねっとりとした愛撫に息が荒くなる手嶋。
その様子を見て嬉しそうに加藤は無邪気な笑顔でキスをします。

mari-kyun1

mari

うん、可愛い!!

加藤は少し体を起こしてブラを取り払うと、両手で優しく包み込みながら手嶋の胸に舌を這わせます。
何度も顔を上げて笑いかけながらキスをする二人。
加藤は手を下に移動して、パンツ越しにあそこをなぞります。
手嶋に直接触りたいと言い、パンツの中にすっと手を入れ、優しく優しく撫でるように愛撫をします。
まるで大切な何かを扱うかのような手つきで触れる加藤の愛撫。
愛でいっぱいのその様子に、手嶋もmariも心身共に満たされていきます!

クンニする加藤
そしてゆっくりとパンツを脱がせ、クンニする加藤。
手嶋は恥ずかしそうに口元に手を当て、その姿を恍惚に浸りながらそっと眺めます。
加藤は手嶋のあそこ越しに体を見つめて「すごく綺麗」「可愛い顔してる」と沢山の褒め言葉を囁きます。
女性としてはこれはめちゃめちゃ嬉しいですよね!!
後輩ちゃんにこんな風に優しくリードされるシチュエーションは最高すぎる♡
可愛い男の子大好き人間としてはドキドキが止まりません!
加藤もだんだん声を漏らして、二人の興奮はどんどん加速していきます。

手嶋は何度も体を震わせ、その姿に満足げな加藤。
二人は軽くキスをして、今度は手嶋が加藤を気持ち良くしてあげます。
ゆっくりとパンツの上からなぞり、そして脱がせる手嶋。
二人は裸で向かい合います。
お互いが裸になるのって何でこんなに興奮するんでしょうか(笑)

手嶋にフェラされる加藤
そしてそのまま顔を下に下げ、ゆっくりと優しく加藤のモノにキスをします。
その様子を愛おしそうに眺める加藤。
気持ち良さげに目を細める加藤の表情がめちゃくちゃエロい!!
もう我慢できなくなった加藤はお茶目に「すいません!!」と言って手嶋のポーチからゴムを取り出しそれを着けます。
キスをしながら正常位で優しく繋がる二人。
ここからはぜひ、皆さんにキュンキュンしていただきたい!!

やっと結ばれた二人!ドキドキ、キュンキュンの甘めセックス♡

やっぱり一番のおすすめシーンはこちら!
思いが通じ合った二人のはじめての挿入はこちらも待ちわびてましたとばかりに画面に見入ります。
ゆっくり優しく、感触を確かめるようにして腰を振る加藤。

手嶋と加藤の正常位
徐々にピストンを早くしていきながら、切なそうに顔を歪めてキスをします。
二人の熱い吐息にこちらもドキドキ!

mari-hanaji1

mari

顔を近づけて見つめ合いながら大好きと言い合う様子が愛おしい…尊い…

舌を絡めながら加藤の腰やお尻に手を回し、喘ぐ手嶋。
丁寧な優しく甘いセックスが女子には堪りません…
「イッちゃいそう」と可愛らしく笑う加藤。
オーソドックスな体位なのに、ここまで心を掴まれてしまうのは二人から愛が伝わってくるからですね♪

座位でキスしながら腰を振る加藤
そのまま状態を起こし、座位で腰を振り続ける加藤。
キスを重ねながらだんだん手嶋も大胆に腰を振ります。
攻める加藤も素敵でしたが、攻められて喘ぐ加藤もなかなか可愛い…
そのまま加藤を押し倒し、騎乗位に。

騎乗位で一生懸命に動く手嶋
彼を気持ち良くしようと一生懸命動く手嶋。
「だめ…イッちゃう」という加藤に意地悪に首を横に振ります。
我慢が限界に達した加藤は状態を起こして、座位から正常位に移ると、一気にピストンを早めます。
手嶋もそれに合わせて声を荒げます。
彼女の頭を優しく押さえながら、加藤はそのまま中で果てます。

繋がったままキスをする二人。
「死ねます」とめちゃくちゃ幸せそうな加藤に最後の最後で心を持っていかれたmari(笑)
胸や唇に何度もキスをしながら、余韻に浸る手嶋と加藤。
二人の間にはとても幸せな時間が流れていました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
最後はなかなかコミカルな終わり方で、個人的にとっても面白かったです。
3Pで興奮させてからの純愛はずるすぎる…
しっかり2時間ちょっとあるお話なのに、本当に一瞬で過ぎてしまいます。
皆さんもぜひ、この作品で非日常的で胸キュンなラブシーンを堪能してくださいね♡

『midnight high』購入はこちらから